『橋川わたる』マニフェスト 自己評価をアップいたしました。

「さらに草津」宣言の3年間の成果

 私は、草津市長1期目のマニフェスト“市民と橋川わたるの「もっと草津」宣言”で25項目65施策・事業の実行を公約し、「2年後、4年後に、市民のみなさまにマニフェストの進行状況を検証いただき、結果を公表します。」とお約束していました。
 そして、4年間の工程表として市の施策・事業として位置づけたロードマップを作成し、着実に実施して、1期目の市長就任2年後と4年目に自己評価を行い、4年目の評価は8割程度の出来であるといたしました。また、市民によるマニフェスト検証大会でも75点の評価をいただいたところです。
 1期目のマニフェストの実行結果をしっかりと踏まえ、さらに人口減少社会、超高齢社会への備えや地域の自立、持続可能なまちづくりに着実に取り組むために、“ともに草津の未来をつくる「さらに草津」宣言”を2期目のマニフェストとしてお示しいたしました。
 2期1年目は、マニフェストを市の政策、施策・事業として位置づけ、着実に実行するためのロードマップを策定し、その過程で13の学区・地区全てでタウンミーティングを開催し、2期目にかける私の思いと市の計画をお話し、様々な貴重なご意見を賜りました。
 また、一昨年2月には、「『さらに草津』宣言からロードマップへ」公開ディスカッションを開催いただき、実行の基となるロードマップについて議論いただいたところです。
 2期目のマニフェストにおきましても、実行・評価については、「毎年マニフェストの実行状況を検証し、結果を公表します。」とお約束しており、この度2期目3年間の進行状況について自ら点検し、今般、市民のみなさんにご報告をさせていただくことといたしました。

~「さらに草津」宣言の3年間の成果~